王道を行く Part 6 / Prasat Ban Bu : 訪問日 05Aug2006


かつて、Angkor Thomからガンボジア国境を越え、Phimai更にその先へと王道(Dharmasala Route)が続いていた。Dharmaとは、仏教の説法、Salaとは、ホールの事。
そして、この王道沿いには、ジャヤバルマン7世時代に整備された宿駅(Dharmasala)、及び、施療院(Arogayasala)が点在していた。
そして、PhimaiからAngkor Thomへ向け王道沿いの遺跡を紹介する。

王道 Dharmasala Routeは、Asger Mollerup氏のHP「The Dharmasala Route from Angkor to Phimai 」、
及び、ふうみんさんの「クメールの誘惑」の中でも紹介されている。



 
この遺跡はBuriram県のA.Prakhon ChaiのBan Buにあります。

24号から方面からPhanom Rungを通り過ぎ、麓へ下りるとバライがあります。更にバライを通り過ぎ真っ直ぐ行くと右手に小学校があります。
その敷地内に遺跡があります。

ここで、小学校と記載してましたが、Buriramにお住まいのNinja Qさんから、「バンブウィタヤーサン(Ban Bu Wittayasan)中高校」の敷地内とご指摘がありました。
学校を見ると何も考えずに小学校と思い込んでしまいったのかも知れません。日本の昔の小学校の雰囲気ににていたのかなあ?訂正します。


この遺跡は、宿駅(Dharmasala)だった。









聖池越しに、遺跡を見たところ。

窓があるのは、遺跡の南側の壁だ。

















東側から見たところ。

遺跡の周囲には、環濠のように水がたまっている。
小学校造成時に地面の高さが変わった為か?


















西側から見たところ。


















遺跡の北側の壁。



















南西側から。



















レリーフがあったが、いたずら書きされている。

ここは小学校なので、小学生のいたずら??

ここは小学校と書いたけど、実際は、「バンブウィタヤーサン(Ban Bu Wittayasan)中高校」と言う事でした。
でも、誰がしたのかわかりませんが、落書きは駄目ですよね!






























What's New? | お勧め遺跡 | タイ クメール遺跡 | 古代・その他 | ドヴァラヴァティ遺跡 スコータイ遺跡ランナータイ遺跡 
アユタヤ遺跡 | チャクリ朝〜現代 |
博物館 | ガンボジア クメールの旅 | 浮彫Gallery | 遺跡年表 | OTHERS 
自己紹介
 | 
LINK | 掲示板 | E-Mail | 遺跡BOOKS古墳の丘を歩く | 里山へ登ったよ!