シヴァ神の遺跡 / Prasat Muang Tam 
: 訪問日 α、22Jul2005、21Oct2006



この遺跡は、Buriram県のA.Prakhon ChaiのBan Kok Muangにある。

Phanom Rungから東に下り、バライの途中から南東へ折れる。(右写真:Muang TamのInformation Centerにあった航空写真)

























 

Prasat Muang TamのTamとは「グレードが低い」、Muangは町、Prasatは神殿で、グレードが低い町の神殿と言う意味になるが、このグレードが低いとは、すぐ近くのPrasat Phanom Rungと比較した意味らしい。

よってMuang Tamは、Phanom Rungの門前町的な位置づけだったのかもしれない。



遺跡は、右の説明文にあるように、以下の構成になっている。
@周壁(東西南北の中央に塔門有り)、
AL字型の池

B回廊
C5基の祠堂(前列3基、後列2基。前列の中央は、他の祠堂より、大きな主祠堂があったが、今は崩れている。
D2基の経蔵














遺跡の入口横にあったまぐさ石。
レプリカのようだ。




















遺跡の入口横にあった破風。
これもレプリカ。


本物は、Phimai国立博物館に有り。















東正面から塔門を見る。


















東塔門。
カーリヤ竜と闘うクリシュナのまぐさ石がある。
塔門内部にも、カーラに乗る神のまぐさ石が見える。


カーリヤ竜と闘うクリシュナの話は以下。
ヤムナー川にし住んでいたカーリア(毒蛇)により川が毒水になり、多くの生き物が死んだ。それを知ったクリシュナは、川に飛び込みカーリアと戦い、鎌首を上げたカーリアの頭の上で踊った。宇宙を蔵するクリシュナの重さに耐えかねカーリアは気絶する。しかしカーリアの妻がクリシュナを讃え命乞いをし、カーリア達は、海へ去る。
ヤムナー川は無毒となり、甘露のようになった。























東塔門を中に入ると、正面に更に回廊の塔門がある。



















そして、周壁と回廊の間には、L字型の池がある。



















内回廊の東門のカーラの上に座る神のまぐさ石と
破風。


















その東門を入り振り返ると、
1つの頭と、3つの体を持つシンハの破風。
中央のシンハが、両側の象をつかみ食べている図の
破風。
その下には、カーリア竜と闘うクリシュナのまぐさ石。

Muang Tamには、カーリア竜と闘うクリシュナのまぐさ石は、全部で3つある。




下は、その破風とまぐさ石の拡大写真。




































内回廊の東門を入ると、正面に見えるはずの中央祠堂は、現在は既に無し。基壇のみ残っている。
そして中央祠堂にあったまぐさ石は、下のスケッチ写真のまぐさ石。
シヴァ神とウマーの結婚式がモチーフだ。
本物のまぐさ石は、現在、Phimai国立博物館にある。
中央祠堂にシヴァ神のまぐさ石があると言う事は、この遺跡の主神は、シヴァ神であろう。

参考までに、シヴァ神とウマーの結婚式のまぐさ石は、Wat Pho Yoiにもある。




































そして、中央祠堂の北隣の祠堂には、
聖牛ナンディンに乗るシヴァ神とその妻のウマーのまぐさ石がある。
シヴァ神の右手に、トリシューラ(三叉戟)を持っている。

その下のカーラは、シンハの後足をつかんでいる。













Muang Tamの住民。

















後列(西側)の北側祠堂のまぐさ石。
ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ。

その伝説は以下。
クリシュナは、インドラ神の高慢をくじく為に、森と山のおかげで生活している牛飼村の人々に、牡牛とバラモンとゴーヴァルダナ山を敬い犠牲祭をする事を提案し、インドラ神の崇拝を中止した。
インドラ神は、クリシュナの提案で、自分に対する崇拝が中止された事を怒り、牛飼村に大雨を降らした。
クリシュナは、ゴーヴァルダナ山を引き抜き、片手で傘のように頭上にさしかけ、人々、家畜を、その下に避難させた。
(右のまぐさにも避難している人、動物の描写がある。)
これを見たインドラ神は、驚嘆し、雨を降らせる事をやめたとの事。








後列(西側)の南側祠堂のまぐさ石。
ハンサの上に座る神。

ハンサを乗り物にしているのは、通常ブラフマー神であるが、この場合は??















中央は、前列(東側)の南側の祠堂。
その後ろに見えているのが、後列(西側)の南側祠堂。

右端に見えているのは、中央祠堂の基壇跡。

















中央は、前列(東側)の南側の祠堂のまぐさ石。
カーラの上に坐る神。






































北側の経蔵。
カーラの上に坐する神のまぐさ石。


















内回廊の南門。
ここにも、カーリア竜と闘うクリシュナのまぐさ石がある。

















その拡大写真。


















内回廊の西門。



















内回廊。
西門辺りから北側を見たところ。



















西側の周壁から遺跡を見る。




















北西のL字型の池へ向けた降り口の上の破風。


















北東隅から池越しに遺跡を見たところ。
L字型の池の周りには、胴体を地につけたナーガが。

















以下は、南東のL字型の池へ降りる為の入口。






















いたるところへカーラに座る神のまぐさ石がある。



























































まぐさ石にせん断荷重が加わるのを防止する為に、上部構造の重量を左右に分散させる為の構造と思われる。(右写真の丸印)
















































Muang Tamの北側横には、
大きなバライがある。





















バライ。
















What's New? | お勧め遺跡 | タイ クメール遺跡 | 古代・その他 | ドヴァラヴァティ遺跡 スコータイ遺跡ランナータイ遺跡 
アユタヤ遺跡 | チャクリ朝〜現代 |
博物館 | ガンボジア クメールの旅 | 浮彫Gallery | 遺跡年表 | OTHERS 
自己紹介
 | 
LINK | 掲示板 | E-Mail | 遺跡BOOKS古墳の丘を歩く | 里山へ登ったよ!