ヒンドゥーの神々のレリーフ / Prasat Puai Noi : 訪問日 08Jul2006



この遺跡はKhon Kaen県のA.Puai NoiのBan Hua Khuaにある。

遺跡の前にはりっぱな標札がある。

































遺跡の全景。
バライもある。


















東塔門。




















東塔門の正面入り口の左右には偽扉がある。
右側の偽扉。










下の写真は、その偽扉の上部にあるまぐさ石。
2匹の象?馬?シンハ?何か良くわからないが動物と闘う
クリシュナと思う。

























































この遺跡は、3基の祠堂を持つが、右写真は中央祠堂。






















中央祠堂のまぐさ石と破風。

破風には、シンハのレリーフがある。

まぐさ石は、大蛇アナンタの上に横たわる
ヴィシュヌ神。
その臍からは蓮の花が伸びて、花の中から
ブラフマー神が誕生している。
またビシュヌ神の脇では、その妻ラクシュミーが
ヴシュヌ神の足をさすっている。


下は、そのまぐさ石の拡大写真。




























3基の祠堂の内、右側の祠堂の正面の
破風とまぐさ石。




















3基の祠堂の内、左側の祠堂の正面の
破風とまぐさ

まぐさ石は、3頭の象アイラーヴァタにのるインドラ神のはずだが、インドラ神は削り取られている。














聖牛ナンディンに乗るシヴァ神とその妻ウマーの破風。



















その拡大写真。
ウマーの顔は削り取られている。














下の写真は、シヴァ神とウマーの破風の下のまぐさ石。
カーラの上に座る神が彫られている。
































経蔵の中にあったヒンドゥーの神々のレリーフ。
どれが何の神か、それぞれの乗り物、持ち物で区別できるはずだが、写真が悪い、かつ、乗り物の顔が削られていたりで、判別が難しい。
説明書きもあったと思うが、そこまで記録できてない。














カーラの上にいるのは、聖鳥ハンサ?



















まぐさ石のカーラの上にいるのは、ガルーダのように見える。
カーラが掴んでいるのは、シンハの下半身から伸びている後足のようだ。シンハの上半身は花綱になっている。















































































まぐさ石のカーラの上には、ヴィシュヌ神の妻ラクシュミーに象が聖水を降り注ぎ身を清めている。
ガンボジアのバンティアイ・スレイにも同じ構図の破風がある。
















その拡大写真。
















参考までに、右はBanteay Srei のラクシュミー。



















































































































































屋蓋の尖塔部。























西側の塔門。











































■参考
2009年の訪問の記事は、ココ

What's New? | お勧め遺跡 | タイ クメール遺跡 | 古代・その他 | ドヴァラヴァティ遺跡 スコータイ遺跡ランナータイ遺跡 
アユタヤ遺跡 | チャクリ朝〜現代 |
博物館 | ガンボジア クメールの旅 | 浮彫Gallery | 遺跡年表 | OTHERS 
自己紹介
 | 
LINK | 掲示板 | E-Mail | 遺跡BOOKS古墳の丘を歩く | 里山へ登ったよ!