聖水を北に流す Part 1 / Phra That Narai Chengweng : 訪問日 23Jul2006











Phra That Nari Chengwengは、Sakon Nakhon県にあります。Sakon Nakhonから22号線を西に向かって進むと、南に曲がる標識があります。

この遺跡にNaraiとありますが、Naraiはヴィシュヌ(Vishnu)神を意味します。

この遺跡には、多くのレリーフが残っており、楽しむ事ができました。


右写真は、西から見た祠堂です。

 

















この写真は、東から見た祠堂。



























これは東側の祠堂入口上のまぐさ石で、
アイラーヴァタに乗ったインドラ神です。





















これは、東入口を入ったところにある、踊るシヴァ神のPediment(上部)です。

下部は、2頭のシンハと闘うクリシュナのLintelです。



























踊るシヴァ神の拡大写真。
10から12本の手がある。

シヴァ神の右側には、ガネーシャ(Ganesh/シヴァ神の息子で象の頭と人の体を持つ。)が楽器を演奏していると、Michael Freeman著の「Khmer Temples in Thailand & Laos」中に記載があるが、一番右端がそれか?















2頭のシンハと闘うクリシュナのLintel。























祠堂南側のLintel。
中央は人が象に乗って、周りの人と一緒に行進しているように見える。

Michael Freeman著の「Khmer Temples in Thailand & Laos」中には、ラーマヤナ物語の一場面ではと記載有り。

私には、どのシーンが良くわからない。















西側のLintelだったと思う。

クリシュナがカーリア竜と闘っている。




















北側の破風(Pedimant)とまぐさ石(Lintel)。























その破風には、横たわるヴィシュヌ神が。
アナンタ竜の上に横たわっている構図のはずだが、アナンタの頭はあっても胴体が見えない?

臍から蓮が、その花の中からブラフマーが生まれようとしているところであろう。















まぐさ石には、一頭のシンハと闘うクリシュナ。





















北側の基壇部に、このような物が。

最初見た時は、亀の頭?
ここは、Naraiとあるようにヴィシュヌ神が祭られている。
よって、乳海攪拌の大亀クールマの背中の上の大マンダラ山とヴィシュヌ神のイメージが沸いてきました。

しかし、リンガに注ぐ聖水が北に向けて排水されると読んだ事があり、北側の偽扉の下には、穴がある。

そこで、これは、リンガに注いだ聖水、神酒(ソーマ酒)を流す穴(Somasutra)であり、その排水口に設置されたマカラと私は考えてます。

マカラは、魚の鱗、象の鼻を持ち、鰐に似た架空の海獣。通常、排水口に飾られている。写真は、亀の頭に似ているが、象の鼻は折れて無くなったのではと想像してます。

聞きがじりの知識からの想像で、真偽は不明です。











これは偽扉脇の修行者(聖仙)。



























これはナーガ。



























右写真は、東北側から撮影した祠堂。



























この遺跡の横の駐車場には、こんな物が地面から、たくさん、そそり立っていた。

何の虫だろう?ミミズ?地面に穴を掘って掻き出した土だと思う。






















What's New? | お勧め遺跡 | タイ クメール遺跡 | 古代・その他 | ドヴァラヴァティ遺跡 スコータイ遺跡ランナータイ遺跡 
アユタヤ遺跡 | チャクリ朝〜現代 |
博物館 | ガンボジア クメールの旅 | 浮彫Gallery | 遺跡年表 | OTHERS 
自己紹介
 | 
LINK | 掲示板 | E-Mail | 遺跡BOOKS古墳の丘を歩く | 里山へ登ったよ!