天空に聳え立つ遺跡 / Prasat Khao Phra Viharn (ガンボジア名:Preah Vihear) 
: 訪問日 α?、23Jul2005、10Jul2006



この遺跡は、Sri Saket県 221号線を南下し、Khao Phra Viharnの駐車場へ車を止め、西方面へ道なりに進む。
タイのImmigrationを抜け、更に西方面へ進む。





右の写真は、駐車場を南西に登ったところにある展望台から、Prasat Khao Phra Viharnを眺めたところ。












西に山を下って行くと、溶岩でできたのではないかと
想像する木が生えてないエリアがある。

このエリアには、大きな穴が所々にある。
穴の大きさから人工的に開けた穴では無く、溶岩から
ガスが抜けた穴?














溶岩の塊の先には、ガンボジアに渡る橋がある。



















橋を渡ると、ガンボジア側のImmigrationがある。
また、遺跡のチケットを購入して、遺跡へ向かう。

入口には、PREAH VIHEAR TEMPLEとある。
この遺跡は、ガンボジア名で、Preah Vihearと呼ばれている。

遺跡は、南北の軸上にあり、北を向いている。












遺跡へのゲートを抜けると、急な階段が待ち受けている。
72m、162段の階段だ。

登り口にシンハがいる。

北から南に向かって階段を上って行く。


















右側のシンハ。
足首から切り取られている。























このシンハも、足首から切り取られている。


















階段の横には、シンハが置かれていたような段が並んでいる。
もしも、この段の全てにシンハいたとすると、壮観であったろう。























階段を登って行くと、またシンハが。(10Jul'06撮影)
























そのシンハの拡大写真。(23Jul'05撮影)
























シンハの上には、ナーガが待ち受けている。

Prasat Phnom Rungのナーガに比べると、シンプルだ。
初期のナーガの形である。























ナーガのブリッジ。
ナーガの胴体は
欄干になっている。
Prasat Phnom Rungのナーガの胴体は宙に浮いているが、ここのナーガの胴体は、地に付いている。

















ナーガのブリッジの先には、最初の塔門(第一塔門)がある。

北側から第一塔門を見たところ。
















第一塔門から振り返った景色。





















第一塔門は、平面図で十字型をしていた。

今は、骨組だけが残っている。
ガンボジアの国旗がはためいている。

ここは、ガンボジア領だ。














第一塔門の東側入口の破風と、まぐさ石。




















第一塔門を南側から見る。
























南入口上部のまぐさ石。

カーラの上に坐する神のモチーフだ。


















第一塔門を抜けると、その先に長い参道がある。
参道は、270mある。



















参道の脇の沐浴用の池。




















参道には、このような境界石があった。
参道の縁石に穴をあけ、その穴に差し込まれ、立っていた。


















 
長い参道の先には、2番目の塔門(第2塔門)がある。



















第2塔門への階段を登り振り返ったところ。
柱の穴と思われる穴がいたる所に開いている。



















第2塔門を北側から見る。

























その破風とまぐさ石を見上げる。




















その破風とまぐさ石の部分拡大写真。























この破風とまぐさ石は、カーラの上に坐する神が、
モチーフ。



















 
そのカーラの上に坐する神の拡大写真。





























破風の裏には、木の梁を差し込み支える為の穴が開いている。
屋根があった形に沿って、斜めの線が残っている。

破風には、カーラの顔が、まぐさ石には、カーラに坐する神が、
彫られている。




















この破風とまぐさ石も、カーラの上に坐する神が、
モチーフ。



















第2塔門を南に抜け振り返る。

ここには、乳海攪拌の破風と、大蛇アナンタに横たわるヴィシュヌ神のまぐさ石。

破風とまぐさ石が赤っぽいのは、オリジナルの遺跡に塗られた色であろうか?



































上部写真は、乳海攪拌の破風。
大亀クールマの上で、マンダラ山を軸にして、マンダラ山に巻き付いた大蛇ヴァースキを綱にして、神々と阿修羅で綱引きをし、大海を攪拌している図。
マンダラ山を、細い棒として表わしており、ヴィシュヌ神が、その棒にとり付き、指揮をしている。
棒の先には、ブラフマー神が坐している。
棒の下、亀の甲羅の上には、壺があり、この壺が大海としての宇宙を表しているのかもしれない。
大海を攪拌する事により、不老不死の霊薬アムリタだけでなく、神妃ラクシュミー、聖象アイラーヴァタ、等が出現した。
壺の横、大亀クールマの右上には、ヴィシュヌ神の妻となる神妃のラクシュミーが出現している。
右端には、出現したアイラーヴァタを乗り物にしているインドラ神がいる。
左側には、ガルーダがいる。
ガルーダは、賭けに負け蛇族の奴隷になっている母を助ける為、アムリタを狙っている。
更に、ブラフマー神の両側には、太陽と月がいる。
ラーフと言う阿修羅が、アムリタを飲もうとしている事に気が付いた太陽と月が、ヴィシュヌ神に言い付け、ラーフがアムリタを一口飲んだ時、ヴィシュヌ神がチャクラでラーフの首を飛ばした。
アムリタを飲んだラーフは、首だけで生き残る事になり、太陽と月を恨んで、太陽と月を食べてしまう。しかし、首しか無いので、すぐに出てしまう。これが日蝕と月蝕の由来である。
















大蛇アナンタの上に横たわるヴィシュヌ神。
足元では、その妻のラクシュミーが足をさすっている。








この破風にも、梁を差し込み支える穴が残っている。























上部写真の破風とまぐさ石。
この破風とまぐさ石も、カーラの上に坐する神。


















このまぐさ石の下端は、黒っぽく変色している。



















上部写真の破風と、まぐさ石にも、カーラの上に坐する神が、
彫られている。



























まぐさ石は、大蛇カーリアと闘うクリシュナ。


















下は、その拡大写真。

 
















第2塔門の破風とまぐさ石は、カーラの上に坐する神のレリーフだらけである。



















ここにも、カーラの上に坐する神。




















第2塔門を抜けて、更に先(南)を見ると、参道が続いている。
この参道は、152mの長さがある。

参道の周りには、観光客相手の店が並んでいる。
2000年当時に比べ店が増えている。














その参道の先には、3番目の塔門(第3塔門)がある。

この第3塔門が、この遺跡で、一番大きな塔門だ。

















第3塔門から、参道を振り返る。




















第3塔門の北正面入口を見る。










下は、その入口上部の破風と、まぐさ石。
破風は、クリシュナが、象か、シンハと闘っている図に見える。

まぐさ石は、カーラの上に坐する神に見えるが、カーラを良く見ると、
胴体がついているようにも見える。胴があるならシンハ?
判然としない。




































第3塔門の北正面入口を入ってすぐの破風とまぐさ石。

この破風には、ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ。まぐさ石には、カーラの顔の上に、ガルーダに乗ったヴィシュヌ神のレリーフ。














以下の写真は、その拡大写真。

「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」の伝説は以下。

クリシュナは、インドラ神の高慢をくじく為に、森と山のおかげで生活している牛飼村の人々に、牡牛とバラモンとゴーヴァルダナ山を敬い犠牲祭をする事を提案し、インドラ神の崇拝を中止した。
インドラ神は、クリシュナの提案で、自分に対する崇拝が中止された事を怒り、牛飼村に大雨を降らした。
クリシュナは、ゴーヴァルダナ山を引き抜き、片手で傘のように頭上にさしかけ、人々、家畜を、その下に避難させた。
(右のまぐさにも避難している人、動物の描写がある。)
これを見たインドラ神は、驚嘆し、雨を降らせる事をやめたとの事。














第3塔門の連子状窓。



















この破風は、馬と闘うクリシュナ。



















その拡大写真。
カンサ王が呼び寄せた悪魔ケーシンが化けた馬と闘っている。


















この破風とまぐさ石には、カーラの上に坐する神のレリーフがある。


















第3塔門を南から北に抜けるひとつ手前の破風。
シヴァ神と、その妻ウマーが、聖牛ナンディンに乗っている図。森を象徴していると思われる大きな木が印象的だ。
















その下のまぐさ石。
中央は、シンハに乗る神。
左右のシンハも含め、シンハのポーズが面白い。
















第3塔門を北から南に抜け振り返ったところ。



















南側入口上部の破風とまぐさ石。



















その破風は、水牛に乗るヤマ。

ヤマは、この世に生まれた最初の人間なので、最初に死んだ人間となった。よって死の道の案内人となった。
仏教にとり入れられ、閻魔大王となった。
南の方位神でもある。














また、まぐさ石は、カーラの上に、ハンサの上に坐する神。



















この破風と、まぐさ石は、カーラの上に坐する神の
レリーフ。


















この破風も、馬と闘うクリシュナ。

まぐさ石は、マハーバーラタの一場面で、シヴァ神が化身したキラタと、アルジュナの闘いのレリーフ。
















その破風とまぐさ石の部分拡大写真。



まぐさ石のレリーフは、シヴァ神とウマーの仲睦まじい姿と解説されている本もあるが、Vittorio Roveda著「Images of the Cods」によると、シヴァ神が化身したキラタと、アルジュナの闘いの場面との事。

レスリングしているようにしか見えなかったので、この解釈に納得。

アルジュナが森の中で生活している時、猪がアルジュナに襲いかかる。その時、シヴァ神が化身した猟師キラタとアルジュナが同時に矢を放つ。どちらの矢で射止めたのか、取っ組み合いの闘いをする場面。
この闘いの結果で、シヴァ神を讃え、献身の気持ちを新たにしたアルジュナは、最終兵器ブラフマシラスを得る。

これと同じモチーフのレリーフは、Banteay Srei にも有る。また、Baphuonには、この話のレリーフのパネルがある。
















この破風とまぐさ石は、カーラに坐する神のレリーフ。
























































































第3塔門の東西には、ホールがある。
東のホールのすぐ北の建物。

木に絡まれている。
















東のホールの更に東側には、内戦の遺物大砲があった。
























4番目の塔門(第4塔門)へ向け進む途中で、振り返って見た第3塔門。


















途中で見た東方面の景色。

ダンレック山脈の麓の平野は、ガンボジアだ。

















4番目の塔門(第4塔門)。




















第4塔門の下のシンハ。
足首で切断されている。























この破風とまぐさ石もカーラに坐する神のレリーフが
ある。



















地面に、こんなレリーフが転がっている。




















ナーガのレリーフ。





















































































拝殿(Mandapa)の北正面の破風とまぐさ石。


















 
その破風の部分拡大写真。

踊るシヴァ神のレリーフ。






















下の写真は、踊るシヴァ神の破風の下のまぐさ石。
カーラの上に坐する神。














拝殿(Mandapa)西側の破風とまぐさ石。
























拝殿(Mandapa)を北東側から見たところ。
拝殿の南には主祠堂があったが、今はぐずれている。



















拝殿の西側入口上部の破風。
カーラの上に坐する神。



















拝殿の西側入口上部のまぐさ石。
まぐさ石も、カーラの上に坐する神のレリーフだ。


















地面に転がっているまぐさ石。



















主祠堂の周りは回廊で囲われている。
右端の瓦礫の山は、主祠堂が崩れた跡。


















回廊の内部。
回廊の内側に向いて窓が開いている。























回廊の西側入口上の破風と、まぐさ石。




















回廊南西角の偽扉。
























回廊の東南サイドは、崖にギリギリで立っている。




















回廊の東側入口の上部のまぐさ石。
聖象アイラーヴァタに乗るインドラ神。

回廊の東側のすぐ外は断崖だ。

















遺跡の最南端の崖っぷちから、ガンボジア方面(南側)を眺める。

































































東を見る。



















西を見る。



















西側の崖下を見ると、ガンボジアの小さな村が見える。
























回廊の西側にも、店が並んでいた。


















What's New? | お勧め遺跡 | タイ クメール遺跡 | 古代・その他 | ドヴァラヴァティ遺跡 スコータイ遺跡ランナータイ遺跡 
アユタヤ遺跡 | チャクリ朝〜現代 |
博物館 | ガンボジア クメールの旅 | 浮彫Gallery | 遺跡年表 | OTHERS 
自己紹介
 | 
LINK | 掲示板 | E-Mail | 遺跡BOOKS古墳の丘を歩く | 里山へ登ったよ!