泣き顔の人面獅子像の遺跡 / Prasat Tam Nak Sai : 訪問日 06Aug2006



この遺跡は24号線から2127号を南下し、Ban Samrong Kiatと言う町と言うより村にあります。
道の西側にあるお寺の中にありました。

遺跡は祠堂のみが残っており、レンガでできているので
同じくレンガでできているPhum Phonと同じく古い時代の遺跡だと思います。

そこにはシンハがありました。
古くからあるものではなさそうですが、人間のような泣きそうな顔をしています。こんな顔で本当にシンハ?

そして、HP「イサーンの大地走行2000キロプラス」のふうみんさんから以下のコメントを頂きました。


「この写真を見た瞬間、これは「人面」の獅子像だと思いました。人面獅子像といえば、直ぐに思い当たるのがスフインクスですよね。私は、これが古代エジプトから古代インドへ渡りヒンドゥー教に取り入れられて、アンコールへそしてイサーンのシーサケットのTam Nak Sai遺跡に伝播した。との仮説を立てました。すごく壮大ですよね。私も考えながら、すごいロマンを感じました。





そして、インドのヒンドゥー教に人面獅子像があるか調べましたが、該当するものがありません。ヴィシュヌ神は10の化身をするといわれていますが、6番目の化身に人獅子(ヌリシンハ)がありますが、これは獅子面人像ですから反対ですので違いますネ。

それならばと、タイ・カンボジア・チャンパ・ビルマ・インドネシア等の人面獅子像を蔵書やネット等で調べましたが、該当する物は見当たりませんでした。

そこで、この像は人面なのか?という基本に経って考え直し、Prasat Tam Nak Sai遺跡から調べ直しました。そうすると「高杉等」さんの書いた「白塗りの間の抜けたシンハ(?)が2体狛犬のように置かれている。これはさして古いものではないようだ。」という文章に出
会いました。これが結論のようですが、何か十分に納得できません。」















なんでこのような泣き顔の、また、人の顔のようなシンハをつくったのか?

何かの意図があったのか?

遺跡よりも興味がわく存在です。



これは左側のシンハ。
















これは右側のシンハ。














































































What's New? | お勧め遺跡 | タイ クメール遺跡 | 古代・その他 | ドヴァラヴァティ遺跡 スコータイ遺跡ランナータイ遺跡 
アユタヤ遺跡 | チャクリ朝〜現代 |
博物館 | ガンボジア クメールの旅 | 浮彫Gallery | 遺跡年表 | OTHERS 
自己紹介
 | 
LINK | 掲示板 | E-Mail | 遺跡BOOKS古墳の丘を歩く | 里山へ登ったよ!