遺跡BOOKS

遺跡関連LINK

タイ クメール遺跡を探し求めて  

ガンボジア クメールの旅  

浮彫Gallery 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


遺跡好きの方、これから遺跡廻りを始めようかなと考えている方に対して、T.I.の勝手な価値基準で、
本を紹介しています。。

注意:
当サイトは、アフィリエイトプログラムで本を紹介しております。

よって、商品購入時は、当サイトからの購入ではなく、商品を紹介しているリンク先から購入して頂く事になります。
商品購入に際しては、T.I.の勝手な紹介に惑わされず、御本人様の責任の下でお願いします。
 

                                                  管理人 T.I.

 専門書

アンコール・ワットを読む  石澤良昭 編


専門家の視点で見たクメール遺跡


15人の専門家が、それぞれの専門分野で研究
された内容を紹介。
専門家の視点で、遺跡を理解したい人、読むべし。
遺跡の見どころを理解し、訪問すると
遺跡の楽しみ倍増です。


東南アジアの美術  フィリップ・ローソン


東南アジアの芸術・美術を知る

インド、中国の影響を受けながら独自文化
を形成した東南アジアの芸術、美術を理解
する為の一冊。
と書きましたが、本を購入しただけで、私も
まだ読んでません。
早く読んで、芸術うんぬんを語れるように
なりたい。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa



辞書


日タイ実用辞典          岡 滋訓                


使いやすい実用辞書

私は、タイ語の発音は、カタカナではなく、
アルファベット表記であるべきと思う。
タイ語の発音は非常に難しく、カタカナを日本語的に
発音にても絶対通じない。

私が使っていた旧版は、サイズが大きかったが、
今はハンディサイズになっている。
多少話せるようになると、単語数が、ちょっと
少なく感じる。

             
聞いて、話すための―
タイ語 基本単語2000  水野潔+水野ワーサナー



単語を覚えたい人の為に


この本のタイ語の発音は、英語とカタカナ表記に
になっている。
また、各シーン毎に関連する単語がまとめてある。
移動車両等、どこでも単語を覚えたい時に
読む事ができる。
                                 

遺跡BOOKSへ